西風の精 2

今月上旬、ハヤシミドリシジミの金属光沢を捉える事が出来て嬉しかったです。   そこで、今度はさらに強い輝きを表現したくなって、キリシマミドリシジミに会いに行ってきました。   到着後すぐ、キラキラと美しい飛翔を見せてくれました。 でも、高所を勢いよく飛び交い、撮影チャンスが巡ってきません。   …

続きを読むread more

キマルリ2012

各地で大きな被害をもたらした“激しい雨”をもたらした梅雨でした。 「もうウンザリ!」と言いたくなるほどの雨量だったと思います。 そのような梅雨でしたが、梅雨明けは一気にやって来たような印象でした。   被災地の方々には、一日もはやく平静に戻る事が出来ますように祈っております。     &nbs…

続きを読むread more

西風の精

ゼフィルス・・・何とステキな呼び名でしょうか。 『西風の精』と言われるだけあって、梢を飛び交う様は、とても綺麗です。   特に“光り物”のゼフィルスは格別です。 ただ、羽を開いた様子(開翅と呼んでいます)を画像にするには、 脚立を用意したり、数少ない“見下ろすポイント”を見つけたり、といった準備が必要のようです。 …

続きを読むread more