しまなみ海道 ~瀬戸内の旅~

イメージ 3
一度渡ってみたかったんですよね『しまなみ街道』!・・・ハイ、とぉ~っても綺麗な島々でした。
で、口実に使ったのがこの蝶、クロツバメシジミです。
 
以前に甑島の画像を載せております。(あと、和歌山のも載せた事が有ります)
     ↓
 
同じような“島環境”ですが、甑島など、九州の島(ほか海岸沿いも含む)の個体群では、
翅の紋様のメリハリが効いています。・・・海クロツ”なんて呼ばれています。
進入経路が違うんでしょうね。
主にタイトゴメに依存しているようです。
 
因島で見つけた産地では、ツメレンゲが利用されているようです。
(行き掛けに立ち寄った香川県三豊市では、マルバマンネンのようでした。)
 
イメージ 4
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 1
 
開翅画像も結構撮影しました。・・・・う~む、漆黒の表現は難しゅうございます。
 
 
さすがに連休を使って行くのであれば、
「ついでに淡路島のシルビアも久し振りに確認しておこう!」と立ち寄ってみました。
 
少々環境に変動はありましたが、お出迎え下さいました。
イメージ 5
 
逆光で縁毛の青い発色(プリズム効果?)に挑戦してみましたが、上手く捉える事が出来ませんでした。
するとその時、一瞬だけ開翅してくれました。
・・・立ち居地が悪く、またしても漆黒の表現に失敗です。
 
イメージ 7
 
鮮度の良い♀を撮影していると、♂が近付いてきました。
隣に止まったかと思ったら、あっというまにペアリング!!
イメージ 6
 
宿泊した大島では、新鮮な魚に舌鼓!(ホントの主目的だったりします)
 
       『曇時々晴』の最高の撮影日和を堪能しました。

この記事へのコメント