人面蛹

年末年始だったか、シロモンクロシジミが久し振りに観察されたとか・・・
そして、今月中旬には1頭採集されたそうです。


11年前に、西表島で多数確認された時に、撮影した画像が保存してありました。

イメージ 1

羽化直後の♀で、足元には蛹の抜け殻が写っています。
(♂はもう少し前翅がとんがってます。)

この蝶、幼虫時代はカイガラムシを食べる、純肉食だそうです。

そしてその蛹はまるで人の顔!
ジンメンヨウシジミと言われる由縁です。
     私には猿の顔に見えたりします(笑)。

コレです。
              如何でしょうか?

イメージ 2

茎に写り込んでいる蟻が、この蝶の蛹や幼虫付近にまとわりついていた記憶があります。
 (蛹は2003年の9月14日に、羽化シーンは9月15日に撮影しました。)

そして、つい最近
私のお気に入りのブログに、papilaboさんがゴイシシジミの画像を掲載されました。
             ↑
  (蝶に優しく話しかけるような画像と文面に癒されてます


ゴイシシジミとシロモンクロシジミって、共通点が多いような気がします。

この記事へのコメント