ウラガー気分?

ウラゴマダラシジミというゼフィルスの仲間がいます。
産地や個体によって色々な変異がある為か、結構人気がある種なのです。

新産地を探しまわっている友人が何人か居られます。
彼らは周りから“ウラガー”と呼ばれているようです。

今が成虫シーズン真っ只中なんでしょうが、
この時期はギフチョウやキマルリ(幼虫によるポイント・チェック)ばかり追っていました。

そんな昨日、お昼下がりから2時間半の研修会が予定されていました。
まぁ、天気予報が雨のち曇(降水確率60%)だったので、気分的には平穏でした(笑)。

ただ、午前中のフリータイムが勿体ないと思い、
片道2時間程度の範囲内なら“2時間1っ本勝負”がかけられると、フィールドに赴きました。
「ウラゴなら、多少の天気の崩れでも何とかなるだろう。」と・・・

行ってみるもんですね。
思いの外、良い天気に恵まれました。

イメージ 1

時期的には最盛期なんでしょうか?
活発に動き回る♂は傷んだ個体が目立ちました。

イメージ 2

そんな中、とぉ~っても綺麗なお嬢さんがお出迎えして下さいました。

イメージ 3

対岸に止まって開翅したので、遠巻きから撮影しながら近付きました。
残念ながら、この画像撮影直後に飛んでしまいました。
 もう少し近付いて撮影したかったのですが・・・。

お昼前には移動しましたが、テリタイムの行動を見てみたかったです。

この記事へのコメント