職人技

前回クロマダラソテツシジミを河内長野市にて確認した事を追記で書き込みました
その後(10/15)、同町の確認地付近でもう1頭確認出来ました。

そこで一昨日は周辺のチェックをしました。
調査コースは下図をご覧下さい。・・・書き込みコースは大雑把です。

イメージ 1
結果、お隣の富田林市にて2か所でクマソ確認です。
下の画像は、寺社仏閣の敷地内のソテツ新芽に産卵するクマソです。

イメージ 5

そこから直線で4km程離れた場所には複数のクマソが日向ぼっこしていました。

イメージ 6


イメージ 7

先月25日にも調査していましたが、その時最も有望と思われた場所は、
ご覧の通り先客が陣取っておられました。

イメージ 8

ちなみに下の『ミニチュアだんぢり』は、私が幼少だった頃、
父親の下で修行をされていた方が作られたものです。
(目隠しの線を入れたり、ぼかしたりするのは躊躇われたのでトリミングで・・・)



イメージ 2

実は25日の調査の後、彼の作品の展示会に向かったのです。
そして、四十年振りくらいの再会を果たす事が出来ました。
とぉ~~っても懐かしかったです。
今だに亡き父に恩義を感じられていると聞き、嬉しく、また有り難く思いました。

展示されていた素晴らしい作品は、仕事後の時間に少しづつコツコツと作られたものだそうです。

そのごく一部を画像で紹介しておきましょう。

イメージ 3

イメージ 4

外見だけでなく、構造なども調べて作られたそうです。
可動だったり、分割出来たりと、その職人技に感動しました。


この記事へのコメント